川上和歌子 wakako kawakami


YELLOW ROOM (1995)   ギャラリイK/東京


「ひとがた」について


自分の手の中からどんどん生産されてゆく人たちには、
顔は必要ありませんでした。
そこに置いたりぶらさげたりするだけで、十分個々の意志を
もっていたからです。

やわらかい布でできたこの人たちは、中身はからっぽで・・・
でも一人一人、目には見えない壮大な宇宙を広げもっているのです。
それは、「心」というか、「気」というか・・・
わたしの手を離れた瞬間、世界を放っているのです。

わたしはこの人たちに囲まれたいと思いました。
たくさんいればいるほどいいと思いました。
それで毎日毎日、
好きなときに好きなだけこの人たちを生産して、
わたしの周りにぶらさげるのです。
たくさんのこの人たちに囲まれれば囲まれるほど、
わたしも空っぽになっていくことができるのです。


箱の中の小さなひとがた&キャンデーはお客様みんなにプレゼントしました。 初個展のわたし




KAWAKAMI WAKAKO all rights reserved.
無断転用厳禁